FC2ブログ

社畜の密告日記

2012年元旦ブログ開設しました。 これからは、自分の日常やApple関連のことを書いていきます。という感じだったんですがひょんな事からブラック会社に就職してしまい( ´∀` )いまめちゃくちゃめちゃくちゃなので会社の愚痴を書いていきます。

<< 2012-07- | ARCHIVE-SELECT | 2012-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

実は昼寝は超大切だった



自分がやっていたことは、正しいことだった?(^-^)/

YouTubeにて先月の24日に公開された「The Scientific Power of Naps
(昼寝の大切さの科学的説明)」というこの動画が話題に。
動画によると、短時間の昼寝は仕事の効率を高めてくれるそうです。

動画では、入眠 ~ 夢を見るまでを以下の4段階に分けて説明。

・第1段階
まどろみ始め。眠っている自覚がなく、「一睡もできなかった」という
時はこの状態が続いていることが多い。
・第2段階
まだ浅い眠り。深い眠りに向けて脳がリラックスし始める。
・第3段階
深い眠り。夢を見ていない、いわゆるノンレム睡眠。
・第4段階
深い眠り。夢を見て、眼球運動が起こるいわゆるレム睡眠。





脳がリラックスしていく第2段階は思考が抑制され、いわば脳が記憶の整理整頓の
働きをする時間である。
つまり寝る前に頭に入ってきた情報などを噛み砕いているということだ。

眠り始めてから第2段階までには通常10分から30分かかる。
ここで昼寝から目覚めると、頭も体もスッキリして生産性、思考能力、記憶力、
想像力すべてが上がった状態で仕事に戻れるという「目覚めどき」である。

ところがそれを通り越して深い眠りに移行してしまうと、目覚めた時に頭が
ぼんやりして能率が下がる、眠り続けたいという願望が強くなるなど、
逆の効果を生んでしまう。
昼寝はごく短時間、30分以内で切り上げるのが理想なのだ。
http://rocketnews24.com/2012/08/03/236376/



つまり学校の授業中にねることも正しいことだったんですね!
寝ることで、記憶が定着することは知っていましたが、実際は30分でいいんですね。

参考になります。ψ(`∇´)ψ
スポンサーサイト



| 情報記事 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |